【これだけで勝てる!】鉄拳7アマキンの立ち回り技まとめ

鉄拳7アマキンの立ち回り技まとめ

「アマキンの技のチョイスが分からない」

「どういう技を上級者は使ってるの?」

「対戦でなかなか勝てない」

という人はこの記事を読むだけで

勝率が上がるはずです。

アーマーキングの技表の中で

使える技を厳選し、

どういう時にどういう技を

使えばいいかをお伝えします。

自分で考えても分からないという人は

時間短縮のためにも参考に

してください。

まだ拳帝になってない人は

この記事を読んで

拳帝にまで昇格しましょう!

※私のアマキンにおける

最高段位は聖帝です。




目次
1.置き技

2.攻め技

3.スカ確技

4.暴れ技

5.確反技

6.カウンター狙い

7.連続技

8.しゃがみ/横移動/背向け

9.ステップ技/構え技

10.その他

※フレーム、その他の情報は

この記事の最終更新日の情報で

作成しています。

その後のバージョンアップなど、

対応が追い付いてない場合があることを

ご了承ください。

1.置き技

【上段技】

ブラスマ(623RP)

コンボ始動技です。

スカ確にも使えますが、

置き技にも使える技。

ダメージが期待できるため、

私もよく使います。

しかし、確反もあるし(-10F)

上段技なのでリスキーです。

三島キャラの最風とは異なり、

相手を弾くこともできません。

中段技もまぜないと

すぐにしゃがまれます。

【中段技】

スマッシュフック(3RP)

ケンカキック(66RK)

ヒットしてもどちらも微妙。

そもそも置き技に頼らずに

相手を懐に入れないことが

大事になってきます。

2.攻め技(二択技)

【中段技】

トーキックスタナー(4RK+WP)

良い点

〇リーチが長い

〇ダウン奪える。

悪い点

×WPのタイミングが悪いと

ダウン奪えない。

×ダメージが低い。

×起き攻めがしにくい

キングのトゥーキックと異なり、

起き攻めもしにくく、

下段方向に弱いのが特徴。

ヘッドバット(1WP)

良い点

〇ガードさせて有利(+3F)

〇ノーマルでもダウン

悪い点

×カウンターでもダメージ低い

×発生遅い

×壁強にならない

起き上がりに合わせて

使うのが一番です。

ただし、追撃としては

2RKRKRKぐらいしか

入らないので

総ダメージは低いです。

【下段技】

ストッピング(2LK)

良い点

〇発生早い

悪い点

×ダメージ低い(11)

×しゃがみステータスがない

主に近距離で攻めを

持続させたいときに使います。

水面蹴り(1LK)

良い点

〇横に強い

〇しゃがステ有り

悪い点

×カウンターじゃないとコンボいけない

×確反が痛い。

相手の上段技に合わせて

出すのがベストです。

ノーマルヒット時は

しゃがみ状態を利用して

RKや3RP、各種投げで

揺さぶりましょう。

ロードロ(1RK)

最後の削りに使うといいでしょう。

ガードされてもダウンするので

そこまで痛い反撃は

受けないでしょう。

【投げ技】

アマキンは投げ技が豊富ですが、

どれも起き攻めがいまいちです。

投げるのはいいですが、

攻める流れが止まってしまいます。

あと、投げコンボはある程度出せるように

練習しておきましょう。

キングに比べて少ないし、

出すのが簡単です。

その割には、対策されていないので

狙いどころだと思います。

3.スカ確技

【上段技】

ブラスマ(623RP)

をどれだけ入れられるか、

が重要です。

ただ、無理そうなら

下記の中段技で

妥協しても大丈夫です。

↑相手の置き技に入れています。

【中段技】

エルボーフック(6RPLP)

リーチも長く、ダウンも奪えます。

しかし、中上技なので、

外すと2発目しゃがまれる

リスクがあります。

4.暴れ技

ニーリフトコンビネーション(2LPRK)

しゃがパンからの膝蹴り。

ヒット後は近距離なので

さらに攻めることも可能。

ただし、ガードされたら

-10Fなのでワンツーぐらいの

確反はあります。

アローストレート(4LP+RK)

軸をずらしてからの中段パンチ。

かなり軸をずらすので

使う人は使います。

ヒット後は前ダッシュからの

ショルダー(6LP+RK)が追撃。

ただし、確反があり(-13F)

発生も遅いので、

私はあまり使っていません。

5.確反技

【上段技】

ブラックジャブ(4LPRP)

リーチもやや長くて

発生も早い(12F)で、

非常に使いやすいです。

キングも使ってる人であれば

スプフクと同じ感覚で

使ってもいいと思います。

※スプフクよりはリーチは少し短い。

トラースキック(4LK)

リーチが長い上段技です。

リーの23RKや

ポールの2RKRPWPの後

などに使いましょう。

【中段技】

ショルダー(6LP+RK)

が発生も早く(13F)

リーチもあり、

使いやすいです。

ただし、4LPRPの方が

その後の展開がいいので

私はあまり使っていません。

6.カウンター狙い

【上段技】

ブラックジャブ(4LP)

カウンターでコンボ。

キングのスプフクと

同じ感覚で使って大丈夫です。

ただし、

カウンター時のコンボが

少し難しく、場所も入れ替わるので

クセがある技です。

↑カウンター時のコンボが特殊。

WKのタイミングも少し待たないと

つながらない

【中段技】

スマッシュフック(3RP)

カウンターでコンボ。

ただし、ガードされると

確反があります(-12F)。

知ってる人はガンガンに

確反を入れてきます。

(キングだとスプフクアッパー)

それを阻止するのであれば

3RPLPにすることも可能ですが、

その場合カウンターでは

コンボになりません。

さらに3RPLPは中上で

しゃがまれる可能性もある上、

2発目ガード後にも確反がある(-12F)

ため、リスクがあります。

↑カウンター時のコンボ。

2WKLPの後、左に横移動しないと

空中投げができないので注意

ニーリフト(3LK)

確反がない代わりに(-5F)

発生が遅いカウンター技です。

カウンターで

コンボ始動技になるので、

私はこっちを

時間差攻撃として

使う事が多いです。

ナイフエッジ(4RPLPRP)

中中上なので、最後しゃがまれます。

基本は2発止め、

カウンターヒットしていたら

3発目を出すとよいでしょう。

ただし、2発止めでも確反はありますので

ご注意ください。(-12F)

7.連続技

ロンダート(WK)

連続技と呼べるか微妙な技ですが、

様々な選択肢があるのは事実です。

WKLP、WKRP、WK(ホールド)

などできることは多いです。

1発止めでは背向けになるし、

そのあとは、

急所蹴り(LK)

生ロー(2RK)

ムーンサルト(LP+RK)

などで揺さぶることができます。

↑背向けLKはノーマルでもコンボ可能。

確反ありますが(-20F)、

知らない人も多い。

8.しゃがみ/横移動/背向け

バックハンド(しゃがみ中3RP)

発生が遅いこと以外は

非常に優秀な技です。

ノーマルでもコンボ可能、

ガードさせて有利(+1F)、

横にも強い技です。

しゃがみ状態からの選択肢の

1つに入れたいですね。

バズソーキック(横移動RK)

カウンターでコンボ。

非常にリーチが長く

横から出せる技なので

近距離戦のアクセントに

使うといいでしょう。

デスサンド(横移動RPLP)

ノーマルでコンボ可能。

しかし、ガードされたら

確反があるので(-13F)

頻繁には出しにくい技です。

9.ステップ技/構え技

ジャンピングニー(623RK)

風ステから出せる確反のない中段技。

ヒット後は前ダッシュからの

ショルダー(6LP+RK)が追撃。

10.その他

ローブロー(66NRP)

多少距離が空いたときに

出す下段技です。

確反が痛く(-18F)、

リスクは高いですが、

ノーマルで+7Fと

大幅有利。

その後のニーリフトは

非常に割りにくい連携。

カウンターでコンボ可能で

同じくニーリフトで拾う感じです。

↑暴れるとカウンター。

ガードする人には投げが有効

シャドーステップ(2LP+RK)

しゃがみ状態で

前に進む技です。

最初に下段捌き機能があります。

中段技以外には強いので、

時々出しても良いと思います。




まとめ

アマキンの主要技・便利技を

解説いたしました。

特におすすめは

3LK

しゃがみ中3RP

ロンダートWK

です。使っていない人は

ぜひぜひ使ってみてください。

↓参考までに私のプレイ動画を

貼り付けておきます。

技の出しどころや立ち回りなど、ぜひ参考に。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする