鉄拳7FR:飛鳥解説(実践編②)「翠勁連携」

飛鳥解説(実践編①)「翠勁連携」

管理人の鉄拳7FRにおける

飛鳥最高段位:拳帝

今回は実践編ということで

翠勁(以下LP)

の連携について

解説したいと思います。

これを知っておくと

非常に手ごわい飛鳥に

なれるので

ぜひ実践で取り入れて下さい。




1.LPスタートの連携技

飛鳥はLPからの連携技が

非常に豊富。

選択肢によったら

空コンも可能なので

この連携技を上手に

使いたいですね。

以下、連携技一覧です。

LPRPLK(上中中)

LPRPRK(上中中)

LPRK(上下)

LPLK(上下)

LPLP(上中)

LPLPLK(上中中)

LPLPRK(上中下)

LPLP2RK(上中下)

LPRPLK(上中中)

LPRPRK(上中中)

→この2つは

私はあまり使いません。

LPRPLKは

LKホールドで

ガード不能になりますが、

さほどダメージも

強くないので

無理に使わなくても

いいでしょう。

LPRK

→二発目が刈脚

になり、2を入れておくと

しゃがみ状態を

維持できます。

そこから

立ち上がりRK

しゃがみ中3RP

など各種行動が可能。

LPLK

→LPからのローキック。

ローキック後に

手を出してくる相手には

飛鳥のあばれ技で

対応しましょう。

相手の技にもよりますが、

横移動RP

RK(ハイキック)

などがお勧めです。

最後の削りでよく使いますが、

下段捌きをする相手も

多いので、

LPLPも混ぜるといいでしょう。

LPLP

→今回紹介する連携技で

一番メインになります。

基本はここで止めておいて、

三発目を意識させて、

横移動から再度LPLP、

あるいは

LPLPLKの出し切り、

LPLPから下段、

などなど無限の可能性が広がります。

↑基本はLPLPでいい。

LPLPLK

→3発目を出し切っても

リスクはほとんどありません。

その代わりにリターンも

あまりありません。

LPLPを見せておいて、

「そろそろ手を出してきそう。

でもあまりリスキーな

ことはしたくない」

というような場面で使います。

LPLPRK

→LPLP後に

手を出してくる相手には

RK(紫雲)で

浮かせられます。

ただし、しゃがまれると

こちらが浮くので

リスキーです。

そのために、LPLPLKを

多く出して置いたり、

LPLPで止めておいて

3発目に暴れさせるように

持っていきましょう。

LPLP2RK

→これも結構狙いたい連携。

ただし、一番警戒されています。

これを通すためにはある程度

条件が必要です。

・LPLPLKやLPLPRK

などで何度も

「目を慣れさせている」

・LPLPがカウンターヒットし、

相手がガードを固めようとしている。

つまり1試合で1回できるかどうか

ですね。

ただし、最後の2RKは

キャンセルができます。

あえてキャンセルをしてから

しゃがみ状態から

RKや

3RP

コマンド投げ

を狙うのもありです。

6LPも取り入れよう。

→6LPはLPLPの

二発目始動技です。

そのため、6LP2RKを

時々出すと警戒していない

相手にはヒットしやすいと思います。

↑LPLP2RKよりも

6LP2RKの方が

当たりやすいです。

このあたりもLPLPと

6LPと織り交ぜて

使うといいでしょう。



まとめ

LPや6LPの連携技は

リターンが大きいです。

ただし、そんなに

頻繁にヒットする

わけではありません。

ただし、常に念頭に置くことで

攻める起点になります。

飛鳥を使っている人は

ぜひ狙ってみてください。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする