鉄拳7FR:ミゲル解説(実践編①)「サヴェッジスタンス」

ミゲル解説(実践編①)「サヴェッジスタンス」

管理人の鉄拳7FRにおける

ミゲル最高段位:拳帝



この記事では、

実践編ということで

「サヴェッジスタンス」

をテーマにして

オンラインで勝てる方法を

お伝えしてまいります。

1.移行する技は4つで十分

サヴェッジスタンス(以下SS)

に移行する技は

多くあります。

しかし、私は4つしか

使っていません。

ミゲルメインの人は

すべてを使い分けても

いいかもしれません。

私のようにサブで

楽しめばいい

という人は、

以下の4つだけで

良いと思います。

1-1.チョーキング(3LP)

8割はここから出しましょう。

さらに下記のことを

常に守ってください。

①チョーキングがガードされたら

→SS移行しても技は出さないこと

②チョーキングがヒットしたら

→SS移行しても技を出してもいい。

あるいは出さなくてもいい。

※欲張らないこと

③3LPLPや3LPRPは

たまに出す感じ。

SSは強いですが、

欲張ると痛い目にあいます。

慣れるまでは

1発止めを基本とし、

ヒットしたら初めて

SSからの技を出すように

してください。

↑当ててもガードされても

SS移行から何もしていません。

本当は攻めたいのを

ぐっと我慢するのも大事。

1-2.セパレーションフック(RPLP)

これも1-1のチョーキングと

同じです。

ヒットしたら動くけど、

そうではないときは

下手に動かないことです。

ただし、3LPと違い

これは確反で当てることが

多いので、当てた後は

SS移行していいでしょう。

1-3.ヴァイブローラー(4LK)

ガードさせてだいぶ有利。

ガードさせても

ある程度動いてもいいです。

起き上がりに重ねるといいでしょう。

1-4.スタッカートダンク(9LP)

1-3と同じく

ガードさせて有利。

リーチが長いので

近づきながら出すのもいいでしょう。

近づきつつ、突然出す。

ガードさせても攻められます。

2.SSからの選択肢

SSからの選択肢も

ミゲルは豊富。

しかし、すべて使う前に

ある程度絞っておきましょう。

慣れたら全て試したら良いと思います。

2-1. ブリスタークランチ(SS中LPRK)

上中で発生が早いです。

カウンターでつながり

相手は吹っ飛びます。

相手が手を出そうと

したら出していきましょう。

※Season2/Round2からは

バウンドコンボが可能。

2-2. クレイジースキップ(SS中9LK)

ジャンステ付きの

飛びひざ蹴りです。

ガードされても確反もなく

発生が早く、リスクが少ない。

当ててもダウンを奪うだけですが、

これを何度も見せておくことで

相手をしゃがませにくくし、

早い技で対応してきたら

2-1のLPRKで返り討ちにします。

↑まずはこれを主軸に。

2-3.テイルピース(SS中1LK)

2-4.グランドワインダー(SS中1RK)

2-3と2-4は同時に解説。

どちらも下段です。

2-3は有利フレを

とるための下段。

2-4はダウンを奪い

コンボが可能です。

2-4はガードされたら

浮くので出すのは

少なめに。

どちらも2-2の9LKを

何度も見せた後に

思い出したときに

やるといいでしょう。

↑時々出すから当たるのです。

その他にも

SSから様々な技が

出せますが

まずは上記の4つ

だけでいいでしょう。

私も特別なことをせずに

勝ててきたので

あまり手を広げる必要はありません。




まとめ

SSは強いですが、

①欲張らないこと

②あまり使い分ける必要はない

ということを念頭に

始めてください。

そのうえで自分の

SSスタイルを見つけてみてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする