[鉄拳8]エディを使ってオンライン対戦で勝つ方法:実践編1「逆立ち(バナネイラ)」(TEKKEN8 Online Ultimate)

この記事では

鉄拳8のオンライン対戦において、

「エディを使ってるんだがなかなか勝てない」

「基本的な性能は分かった。

後はエディで勝てる方法が知りたい。」

という人対象に書いております。

 

初心者の方は

まずは下のエディの基本編を先にお読みすることを

おススメします。

[鉄拳8]エディを使ってオンライン対戦で勝つ方法:知識編(TEKKEN8 Online Ultimate)

またこの記事は実践編なので

技名は省略し、

技の表記はすべて4LPや3WKなど

テンキー表記に基づきます。

表記などについては下の記事から

コマンド表記や用語

 

この記事では

その中で

「逆立ち」

に特化して解説します。

 

なお、正式名称は

逆立ち状態を「バナネイラ(BN)」

座り状態を「ネガチーヴァ(NG)」

と言うのですが、

言いにくいので

私は「逆立ち」「座り」

と表記するようにします。

 



実践編1「逆立ち(バナネイラ)」

逆立ちについて

エディは座りが強いイメージがあります。

座りから

中段の

シバータ・アルデンチ(座り中RKLK)

と下段の

イエマンジャー(座り中LKLK)

が強い二択になっており、

インパクトも強いからです。

 

しかし、私もエディを

鉄拳6、TAG2、7

と合わせて

長い間使っていますが、

むしろエディは

逆立ちを極めるべき

と思っています。

 

その理由としては

逆立ちからは

→立ち

→逆立ち

→座り

の3パターンに

技を出しながら移行できる

からです。

つまり攻めの起点を

作りやすく

相手に考えさせる

ことができるからです。

 

「逆立ちって何のためにするの?」

という方は

この記事を読むことで

「なるほど逆立ちって強いんだな」

「ずっと座りに頼ってたが

逆立ちも考え直してみよう」

と思っていただければ嬉しいです。

 

逆立ち移行技

エディが逆立ちに移行する技の

代表的なものを紹介します。

 

トロバォン(666LK)

スラッシュキックのように

ダッシュからジャンプキックする技。

ガード後に逆立ちになり

エディが有利。

ヒットしたら逆立ちにはなりません。

 

バチーダ・ジ・コンパッソ(RPLK)

主に12F確反で使う技。

ヒットで有利。

ガードでも逆立ちになるので

確反以外では使わないように。

 

トルナーダ(しゃがみ中3RK)

しゃがみ中に出せる下段技。

ダメージを取りつつ

エディ有利状態な逆立ちに移行。

カウンターだとダウンを奪えて

逆立ち中LPが追撃可能。

 

ゲヘイロ・エスプロズィーヴォ(ヒート中WK)

ヒート中に出せる技で

ヒットでトルネード空コンになります。

ガードだとエディが有利な状態で

逆立ちに移行します。

 

アウ・バチゥド(6RK4)

この技は

アウー・ジ・ソウ(6RKLKWK)

アウー・ジ・ルーア(6RKWK)

という移行技があるため、

それを逆立ちで

キャンセルするという感じです。

相手をかく乱するのに使えますし、

私も「あ、この人エディを知らないな」

って思ったらこの技だけで

ハメ倒すこともあります。

 

この技はガット(4LP)

からも出せて、

4LPRK6で逆立ちに移行可能です。

 

バナネイラ(6WP)

いわゆる生逆立ち。

突然逆立ちに移行する技です。

例えばヒートダッシュとか

起き攻めとかで

私は使います。

あとは遠距離から突然出すこともあります。

ただし、うまく使わないと

相手の技に当たってしまうので

使いどころが難しいです。

相手が待ちに徹しているようなスタイルであれば

使うようにするとか、

判断が重要になります。

 

逆立ち技

次に逆立ちから出す技を

見ていきましょう。

ゴデーミ・トロヴォアーダ(逆立ち中LP)

逆立ち中に

一番出したい技です。

ガードさせてもヒットさせても

エディが有利で

座りに移行します。

カウンターだとダウンが取れて

WKで追撃可能。

 

相手が技を出してくるとつぶされますが

そういう技をしてこないなら

永久にこの技でもいいくらい。

 

ランサ・ジ・ブラッソ(逆立ち中RKRP)

逆立ちで出せる技で

一番発生が早いです。

エディが有利であれば

割り込み不可と思ってて大丈夫。

ただし、この技にはクセがあります。

 

RKRPまで出してしまうと

中中で連続ヒットする技ですが

ガードされると確反があります。

 

じゃ、RK一発止めにすると

逆立ちを維持してしまい、

相手に反撃されます。

 

そこでおススメなのが、

サウト・ヨトーリ(逆立ち中RK[RPLK])

これはRKRPをキャンセルし

中段ジャンプキックに変更します。

連続ヒットしませんが、

ガードさせてエディが有利なので

攻めが持続します。

 

ある意味、逆立ち中に出せる技での

一番の安定行動と言えます。

 

コンボ・エスコラォン(逆立ち中RPLK)

逆立ち中に出せる技では

2番目に発生が早い中段技。

RKと違い、

RP一発止めで立ちに戻ります。

RPLKまで出すと確反のある

中段になります。

 

RPLK6と入れると

LKをキャンセルし、

逆立ち状態を維持します。

 

慣れるまではRPで止めておくようにし、

慣れてきたら

LKやLK6などで

相手をかく乱していきましょう。

 

バトゥカーダ(逆立ち中LP+LK / RP+RK)

逆立ちから出せる投げ技で

投げ抜けができません。

技後は座りになります。

ダメージも低いし、

しゃがまれるリスクもあるので

無理に狙う必要はありません。

 

マンジンガ中の逆立ちが強い

エディはマンジンガ中だと

逆立ち状態で出せる技が2つ増えます。

 

イアンサン・マンジンガ(逆立ち中WK)

逆立ち状態から出せる

唯一の下段技です。

レベル1はただの地上ヒットですが、

レベル2はダウンも奪えてたたきつけるため

ステージギミックも起こります。

さらにレベル2は普通の投げくらい

ダメージが減ります。

※上の動画はレベル2

 

マンジンガ中に積極的に

狙いたい技です。

 

オグン・マンジンガ(逆立ち中4RK)

ガードさせて有利な中段技。

さらに技後に2入れで

座りに移行します。

 

逆立ち対策

最後に対エディとして

逆立ち対策をお伝えします。

 

まず逆立ち移行技を

覚えましょう。

どういう技の後に逆立ちになるか。

個人的な意見ですが、

おそらく頻繫に

出会う順で言えば、

 

高頻度

トロバォン(666LK)

トルナーダ(しゃがみ中3RK)

 

中頻度

バチーダ・ジ・コンパッソ(RPLK)

 

低頻度

アウ・バチゥド(6RK4)

ゲヘイロ・エスプロズィーヴォ(ヒート中WK)

 

となるのではないでしょうか。

そして、対策としたら

基本的に逆立ち状態では

下段はありません。

なのでガードに徹することです。

 

ただし、エディとしたら

ゴデーミ・トロヴォアーダ(逆立ち中LP)

で有利な状態で座りに

移行したいので

LPなどでつぶしていきましょう。

 

LPは発生が非常に遅いので

13Fぐらいなら割り込み可能です。

 

そうすると

RKRPや

RPLKなど

中中を出してくるので

確反を入れていきましょう。

 

RKRPは割り込めない上に

カウンターでコンボ。

ただし、二発目のパンチは確反あり。

 

その後は読みあいになりますが、

LPをカウンターでつぶすこと。

 

RKRPや

RPLKなどには

ガードに徹して確反を入れる。

 

ことを意識しましょう。



 

逆立ち(バナネイラ)まとめ

冒頭にもお伝えした通り、

エディは逆立ちこそ

極めてほしいキャラです。

 

相手の行動を

しっかりと対策した

プレイスタイルで

暴れていきましょう。

 

なお、座り(ネガチーヴァ)

については

別の記事でまとめます。

 



 

私のツイッター(X)アカウントに

フォローしていただければ

新しい記事や、以前書いた記事の更新。

およびYoutubeの新しい動画を

お知らせしています。

フォローお待ちしています。

↑からフォローをどうぞ